事業内容

ソリューション

海外事業者様向け

海外事業の紹介

小樽ダイニングの製品は海外でも高い評価を受けています。
独自の冷凍技術を駆使した当社の製品は、欧米を中心にした輸出先でも大好評です。

日本発!寿司をよりグローバルな食品にするために
私たちが開発したさまざまな技術は、世界の食卓へ美味しさと安全性をお届けするために役立っています。
冷凍にぎり寿司の製造方法 特許取得<特許第3784262>
日本発!寿司をよりグローバルな食品にするために
生刺身の旨味増大技術

刺身(魚介)の旨味成分を増大させる技術。下ごしらえに当技術を使用することで、魚がより一層美味しくなるのです。

生刺身の細胞間遊離水除去技術・ドリップ防止技術

刺身からドリップを防止する技術です。浸透圧の差を利用しています。魚体の細胞膜を強化し、細胞膜破壊によるドリップ流失を防ぎます。

米飯老化防止(食味持続)技術 米飯自然解凍技術

米飯の老化・食味の老化を防ぐ技術です。通常米飯は炊飯後2時間でこの老化が始まりますが、当社の技術を使用すると、7~8時間味落ちがしません。
通常、一度冷凍された米飯を自然解凍すると、白ろう化して元通りには戻りません。その為、これまでは強加熱することがどうしても必要でした。
当社は、冷凍すしの研究過程で、解凍後に白ろう化しない米飯技術の開発に成功しました。化学薬品は一切使用していません。

事業概要
主要輸出国:アメリカ、フランス、ノルウェー
輸出品目:冷凍寿司(巻き寿司、握り寿司)、冷凍シャリ玉、冷凍シャリ板、冷凍惣菜
生産拠点:中国(HACCP認証、EU認証、ISO9001取得)、日本
 
小樽ダイニングの商品やサービスを、自信を持ってお勧めできる理由があります。

独自の冷凍技術

独自の冷凍技術
特許を取得したどこにも負けない冷凍技術で、新鮮な食材の美味しさをそのままに、高い品質の商品をご提供しております。

ページトップに戻る