小学館ビッグコミック連載漫画「やせとメタボのげんき日和」に小樽ダイニングが協力いたしました!
 
気がつけば半月でマイナス7kg減!そして30日後は…!?
そこで、両先生にインタビューいたしました!


――ダイエットをはじめようと思ったきっかけは何ですか?
今まで3回もダイエットを試みましたが、毎回リバウンドをしてしまいました。
同じくらい太ったスタッフが倒れ、いくら体力があっても体重が負担になる事が判り本気で痩せようと思いました。
 
――健康診断やメタボチェックに伴い、どのような状態でしたか?
若いころにテニスやラグビーをやっていたために、筋肉がついていて体重増加に身体が耐えられる状態でしたので、あまり自覚がなかったです。
医師からは普通の身体なら、重みに耐えられなくなるとも言われていました。
 
――当初スーパー糖質制限食(3食糖質制限食)を2週間試されていかがでしたか?
体重の落ちが早かったです。半月で7kg落ちました。
お付き合いで外食(寿司や焼き鳥など)の時もありましたが他の食事を省いたりして調整しました。
 
――外食時に注意した点はありますか?
外食はどうしてもしますので、いつも食べている糖質制限食を参考に野菜など糖質に変わるものを中心にしました。
ステーキもポテトなど付け合せを外し、肉もひれ肉をえらぶとかサラダにはドレッシングかけず、食べる順番も量を満足するために サラダからにするなど工夫しました。
 
――漫画家という職業は、日常生活がかなり不規則と言われますが?
日常生活が不規則で徹夜も多く、きちんと3食をたべて寝るという生活ではないので3食が2食になったりしましたが、合間はふすまロールパンを食べたりしていました。
新しい発見で、3食を糖質制限食にしても、寝ないと痩せない事に気がつきました。
きちんと寝るとガクンと体重が減りました!


――糖質制限スイーツどういう時に召し上がってましたか?
仕事でアイデアを出すために脳を使うときなど、イライラするときにスイーツをとりました。
レアチーズケーキ、ごまクッキ-が美味しかったです。
 
――糖質制限食のどんなところがよかったですか?
圧倒的にバリエーションが多く飽きないところです。ただし、今までの食事量と比べると少なくなり、とても美味しいのでもっと食べたくなりました(笑)
でももう量は慣れました。歯ごたえあるものが多いので満足しています。
 
――特に美味しいものはありましたか?
すべてが美味しいです(笑)
特にカレーが大好きなのでタンドりーチキン!
以前、価格高めのレトルトカレーをいっぱい集めて常食できるようにしていました。
玄米にしてたんですが、やっぱり太りました(笑)運河カレーが出たときは、めちゃくちゃ嬉しかったです。
ブロッコリーやにんじん、肉がごろごろ入っていて美味しいです!
 
――平行して運動や、ほかのダイエットは試されましたか?
加圧トレーニングを続けていましたが、漫画中にもあるように頭痛がしたので1週間休みました。やっぱり効果があるんだなと思いました。
頭痛は今はまったく無くなったので今は気をつけながら加圧もやっています。
 
――糖質制限の成果をどのようなところで感じましたか?その後変わったことは?
今までのダイエットは我慢するという同じストレスが多かったです。
走る、運動するなど、ストレスで仕事に支障が出て止めてしまうパターンでした。
今回は我慢しないでストレスなくダイエットできました。
 
――痩せたことで、ご家族・編集・アシスタントほか周囲の方の反応は?
一回り小さくなったと言われます。
毎日一緒にいるスタッフは感じませんが子供はパパのお腹が大好きなので、へこんだ事にショックを受けています。
パパはこのままだと死んじゃうからと納得させました。(漫画参照ください!)
今は、みんなローカーボダイエットに賛成してくれています。


――森先生のお話
以前からダイエットをやったりするが続かないし食べているものがジャンクじゃないので(鍋、魚、野菜など)身体に悪くないはずなのになぜ太るのか?不思議でした。
この糖質制限をやって気づいたんですが、以前から摂取量が多すぎたんですね。
関取を育てたようでした(笑)食べて寝る生活は変わっていないのに、これは体重が増えないです。
 
――村枝先生へ再インタビュー
――2週間試した後、糖質制限食を続けてみようと思った理由は?
続けたのは効果があったからです。最初は冷凍食品でえ~っと思いましたが商品が届いた時に、たくさん種類がありコレクションみたいでどれから食べようかと嬉しくなりました。
ストック用冷蔵庫も用意して今は食べるのが楽しいです。
このぐらいの量が適切だと覚えました。
外食のときも1食500kcalに収まるように考えるようにしました。
 
――森先生へ
――森先生も食べてみましたか?
食べました、鳥のスープがすごくおいしくてその後、自分で作ってしまいました。
痩せているので、旦那は足りない足りないと言っていたが私はちょうどいいと思いました。
 
――途中、御苦労はあったようですが、1か月続けて今の感想は?
体調は良くなりました。今まで着られない服が入るようになり車の給油時に下にあるガソリンタンクのレバーに手が届くようになりました(笑)
またマッサージ椅子にお尻が簡単に入るようになりました。
 
――今後も小樽ダイニングの糖質制限商品をご活用いただけそうですか?
10kg少し痩せました(取材当日現在)
無理なダイエットで痩せた事があるので、感覚はしっていますが今回は食べながら痩せられるので続けることが出来ます。
 
――ズバリ目標は!?
年内に100kg切ります!
 
――小樽ダイニングの糖質制限商品の総合的なご感想を?
常に冷凍庫にあって、いいものを食べたいものだけをチョイスできるのがいいですね。メニューをトレードして組み合わせるなどバランスを自分でとる事が出来ます。
ふすまロールパンがとても美味しいので、脳が糖質を欲しがるつらいときに食べるのが一番いいですね。

――最後に
――村枝先生
ダイエットは楽しみを無くす物だと思っていたので、今回、きちんと取り組めば成果が(数学の問題を解く様に)出る、前向きに楽しんでやるダイエット方法の良さを感じました。
学べる、身に付くダイエット方法だと思います。
結果として、『糖質を制限すれば体重は増えない!』いいものを覚えました。
副次効果か、食後にがくっと眠らなくなりました。
 
――森先生
結果にはとても満足しています。 この会社は沢山食べる人に優しいですね。
今まではきびしくないと痩せないダイエットでした。
食べる人が満足しても痩せられるのが不思議です。
 
肥満の人が食べたいものは、大体身体に悪いものが多いんですが、このように食べたいメニューを食べて健康にも良い、というのは毎日たべても大丈夫で家族としては嬉しいです。


――取材こぼれ話
 
村枝先生にOFKへのご要望としてピザや大豆麺、グラタン(豆腐)、ドレッシングの改良や開発などのご意見をいただきました。
イタリアンシリーズで、グラタンについてはご満足いただけたか、またご意見を伺えればと思います。
また「俺たちのフィールド」ならぬ「俺の水炊き!」レシピもお聞きしました。
小樽ダイニング一同今後も、美味しさと健康に役立つメニューを開発してまいります!